FC2ブログ

日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

日本の国体や伝統文化を汚す外国人の入国を徹底制限デモおよびそのカウンター

 本当はもう少し後に書く予定でしたが、色々考えることがあったので書いておきます。
 反中共デー事前活動の後、「行動する保守」によるデモが行われました。ヘイトスピーチ対策法が制定されてから、、「行動する保守」とカウンターの距離が接近しています。そのため集合からデモ行進、解散に至るまで怒号と挑発の応酬および小競り合いが頻発し、警察関係者の語った「今日は荒れる」の言葉通りとなりました。
 この荒れた事態をを見て、私は警察権力がこうした潰し合いを意図的に演出しているのではないかと思えました。双方ともに先鋭化し、疲弊したところを反社会勢力として弾圧する、そのようなシナリオを誰より望んでいるのは「行動する保守」もカウンターも監視対象として予算確保や利権拡大に利用したい警察や公安ではないでしょうか。そして大弾圧の後に笑うのは自民党安倍政権です。
 「行動する保守」もカウンターもお互いに相手との心中はしたくないはずです。カウンターは冷静になるべきですし、「行動する保守」はいったん路上から撤退して、本当に何をしたいのか考え直すべきです。無論あらゆる差別をしてはならないことが大前提です。「行動する保守」の言動に腸が煮えくり返るのは理解できますが、わざわざカウンターから不必要な暴力沙汰を煽る必要はありません。「行動する保守」は真に何を訴えたいのか真剣に考え直し、それを伝えられる言葉を紡ぎだしましょう。民族や性別など、能動的に変えられない属性を持つ他者を排除することしか訴えることがないならば、それに基づく運動など価値がありません。そしてカウンターに脊髄反射で「朝鮮人」だのと怒鳴り始める差別感情が抑制できない方は何が差別で、何が差別でないか理解するまで運動に来ない方がよろしいでしょう。
 海外ではレイシストとカウンターの刃傷沙汰も起きています。警察権力はそうした事態を弾圧の口実にするために待っています。あらゆる差別が認められない世界が形成されつつある中、今後の動向から目が離せません。
IMG177.jpg
IMG178.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/09/28(水) 00:39:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<反中共デー | ホーム | 9月29日反中共(反中国共産党)デー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jrljpn.blog76.fc2.com/tb.php/217-22226f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)