日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

10月28日竹島奪還運動

 1954年10月28日、韓国政府は竹島問題を国際司法裁判所に提訴する日本政府の提案を拒否しました。以来竹島は60年経った今でも韓国の警備隊が常駐しています。全日本愛国者団体会議(全愛会議)は2002年にこの日を竹島奪還運動の日とし、東京、大阪、福岡などの韓国大使館や韓国総領事館、在日本大韓民国民団などの他全国で抗議活動をします。
 最近、韓国をこき下ろす(批判と呼べるものではありません)内容の本が書店でよく見られるようになりました。そのような本ではしばしば韓国に関わらない方が良いという論調が見られます。地理的な問題と竹島を巡る問題で不可能に思えます
韓国との歴史問題にも重大な変化が起こっています。朝日新聞が従軍慰安婦問題の発端となった「吉田証言」が虚偽であったと認めたことにより、従軍慰安婦問題そのものをなかったことにしようという動きが国家ぐるみで進んでいます。すでに吉田証言以外に多数の証言や物証が存在しています。にもかかわらず、最も信憑性に乏しかった吉田証言が否定されただけで一気に従軍慰安婦問題自体を否定するのはあまりにも拙速かつ粗雑な論理です。それが国家の中枢でまかり通っていることに私は強い懸念を覚えます。
 日韓双方の知的劣化が進行しているように思えてなりません。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/24(金) 00:19:08|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紀元節復興活動

 街宣車:松籟維持聯合、関西自由行動隊など42台
 紀元節の背景にある思想を検討することなく、その思想を当然のものとして政府が押し付けるのはいかがなものでしょうか。国の成り立ち、神話に隠された背景に思いを馳せるのみならず、戦前、天皇の名の下権力に弾圧された方々のことを考える日として建国記念日をとらえることはできないのでしょうか。言うまでもなく、「大日本帝国」を無批判に肯定することは幼稚極まりない愚行です。
IMG113.jpg
IMG114.jpg
  1. 2014/10/19(日) 22:08:52|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本共産党愛知赤旗まつり

 街宣車:大日本愛国党、全愛会議など48台
 結局日本国民にノーベル平和賞は与えられませんでした。今のまま与えられても憲法9条を骨抜きにしようとする政治家が憲法9条についての賞を受け取るという皮肉にしかなりませんが。
 遂にここにも関西からの参加が見られるようになりました。右翼民族派が会場に殴り込みをかけようとして止められる場面が2回ほどありました。
 国家経営に成功した共産主義国家は今のところありません。ソ連が崩壊してはや20年、共産党が武装闘争路線(党史では「極左冒険主義」)を放棄してから半世紀以上も経ち、もはや共産主義の脅威は過去のものとなっています。日本共産党についていえば新聞赤旗は赤字を計上し、地方の専従党員に払う給与にも事欠く有り様です。現在の共産党に中国や北朝鮮を支援する余裕もなければ、暴力革命を起こす力などありません(この手のことはどれほど言っても水掛け論にしかなりませんが)。
 その一方、共産主義に対抗するための日本主義など所詮共産主義の寄生虫に過ぎません。労働問題で共産党に人が集まるというなら、右翼民族派は共産党に代わる受け皿になれたでしょうか。日本の伝統・文化について具体的に説明できなければなりません。
 なお、共産党自体は武装闘争放棄以降直接警察に暴力を振るっていません。右翼民族派が印象操作のために新左翼と混同しているところがあるので念のために言っておきます。
IMG111.jpg
IMG112.jpg
  1. 2014/10/12(日) 21:37:09|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0