日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

STAP現象に関する騒動(番外編)

 先日本館にてSTAP現象に関する騒動についての記事を書きましたが、本館の記事では書かなかったその他雑多な事柄について書き留めておきます。
 小保方博士の実験状況をなぜ誰も確認しなかったのか(具体的には実験ノートの確認など)という問いがしばしば立てられますが、研究者同士の信頼の問題もあり、困難であろうと思われます(分野にもよるのでしょうが)。彼女は仮にも博士の学位を持った一人の独立した研究者です。実験の仕方も、論文の書き方もある程度習熟しており、それなりに仕事を任せられる人間であったはずです。大学の研究室で先生の監督のもと実験をしている学生とわけが違います。博士の学位を持った人間に対して実験ノートをいちいち確認するなど相手を全く信用していない人間のすることです。研究者同士が信頼できないのであれば現代の科学研究はできません。
 もっとも、小保方博士の実験ノートには唖然とさせられましたが。実験ノートは実験事実を証明するための最後の切り札です。書き方のルールは研究施設や研究チームにより様々ですが、実験ノートは書かれている実験のことを何も知らない人間がそのノートの記述だけを見て同じ実験結果を再現できるように書くものです。それが日付も時間も書かれていない、操作や観察事実もあまり詳しく書かれていない、挙げ句の果てには考察と呼べない個人的な「感想」が書かれているものではどうにもなりません。実験に慣れてくると実験ノートの書き方が雑になっていくのは理解しますが、学生実験で実験ノートをチェックされれば間違いなく指導教官に書き直しを命じられるレベルです。
 小保方博士がSTAP細胞は存在し、研究不正は存在しないと記者会見で臆面もなく言い放っていることからを彼女がまるで人格障害者であるかのように非難する人がいますが、私は彼女に自分がしたことはしてはならないことだという認識がないと考えています。誰も彼女の間違いを正そうとしなかったし、彼女自身も間違いに気づかなかったのではないでしょうか。その点で彼女は不幸であったとも言えます。
 彼女がどこへ向かうのかはもはや誰にもわかりません。
 
スポンサーサイト
  1. 2014/06/25(水) 01:16:09|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0