日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

主権回復の日

 街宣車:國際反共聯盟、松籟維新聯合など8台、徒歩デモあり
 この日に関して、右翼民族派団体の中でも賛否が別れているようです。しかしそのいずれも、この機会に真の国家主権について議論する点では同じでした。国家主権の確立は確かに重要ですが、本当に「皇軍(国軍ではありません)」の創設が本当に国家主権の確立に必ずしも必要でしょうか。日本人に戦争などできるのでしょうか。それが問われるでしょう。
 右翼民族派のデモ行進の後、在特会らのデモが行われました。「キチガイ民族」など聞くに堪えない罵詈雑言を撒き散らす悲惨なデモでした。デモの参加者に恥ずかしくないのかと問いただしたところ、相手がやっているのにこちらがやらないのかと返されました。言いたいことを何でも言えばよいわけではありません。
IMG79.jpg
IMG80.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 20:21:44|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月29日昭和の日

 1901年4月29日、昭和天皇が生まれました。1926年12月、大正天皇が亡くなり、昭和時代が始まりました。この昭和という時代には様々な世界が広がっていました。不況、テロ、クーデター、戦争、破滅、再生、繁栄・・・この昭和という時代には近代のすべてが詰まっていると言っても過言ではないでしょう。平成になって、この日はみどりの日となりました。しかし2007年、この日は昭和の日となりました。右翼民族派はこの日に啓蒙街宣や神社参拝を行います。
 平成になって25年が経ちました。ここまでの時代の流れは昭和と照らし合わせて何と言えるでしょうか。再び戦争の足音が聞こえる中、どこか昭和をたどっているように思えるのは私だけでしょうか?
私は今年も八王子市の武蔵野陵に行きます。
  1. 2013/04/25(木) 00:48:44|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月28日主権回復の日

 1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効し、日本は独立を回復します。同時に、日米安全保障条約が発効し、日本にアメリカ軍が駐留し続けることになりました。今年3月安倍晋三内閣はこの日を正式に「主権回復の日」とすることを決定しました。この日に政府主催の式典が行われる一方で、左翼・右翼問わずこの日に様々な活動が行われます。
 領土問題をはじめ戦後日本の流れを大きく左右したこの日は歴史的に重要な日でしょう。決して左翼が注目している沖縄だけの問題ではないのです。安倍晋三は着実に反動の政策を推し進めています。しかし、安倍内閣の政策に真の独立はなく、今回の主権回復の日にしても事実上のアメリカの傀儡という事実から目を背けようとしているだけです。日本は偽りの独立から真の独立を勝ち取ることができるのでしょうか。
 私はこの日大阪市に行く予定です。
  1. 2013/04/23(火) 01:15:19|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月31日「特亜殲滅カーニバルin大阪」

 所用により鶴橋に行きました。画像はありませんが、20~30人程の在特会、神鷲皇國會の一団が演説をしている一方で、それをはるかに上回る数の人がレイシズムに対する抗議活動をしていました。
 在日コリアンを「害虫」と言い張り、自らの言動を「差別」ではなく「害虫駆除」と言い切る在特会に正当性など全くありません。人間を害虫としか見られない人間に言論の自由がないどころか、この民主主義社会においては生きる場所さえないのです。彼らはナチスを一切批判できないだけでなく、人権を主張する資格など一切ないのです。アジア独立のために働いた先人たちの顔に泥を塗っているのは「反日左翼」なるものではなく在特会のような人間なのでしょう。ネットのコメントを見ていると「朝鮮人にも原因がある」「中国や韓国の反日デモより紳士的」などとデモを擁護するものが見受けられますが、全く擁護になっていません。彼らは自らが下等と看做している中国人や韓国人と自らを比較されて満足なのでしょうか?
 既に保守や民族派の方々からも続々と抗議の声が上がっています。「レイシストをしばき隊」には我道会の山口祐二郎会長も加わっています。在特会はもはや保守でも反動右翼でもありません。ましてやただの市民団体ではありません(神鷲皇國會、愛国矜持会、・・・民族派団体のような名前の団体が増えましたね)。ただの衆愚です(暴力団との関係も一部で噂されていますが・・・)。今回抗議活動の方がはるかに大きく行われたことで、日本にまだ良心が残っていることがわかり救われる思いです。この流れがより大きく広がり、在特会のような主張がこの世から消滅することを切に願います。

追伸:「しばき隊」に対しても早速在日のレッテル貼りが行われているようですね。確かに在日コリアンの方もいらっしゃるようですが、都合の悪いものを全て在日認定すれば良いわけないでしょう。
  1. 2013/04/02(火) 01:45:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0