日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

暴力団排除条例(暴排条例)に関する啓蒙活動

 暴排条例だけでは話す内容が足りないらしく直接関係のない外国人参政権の話や従軍慰安婦の話もありました。
 旧軍の方には自分の家族を守るために他人の家族を殺すしかなかった方も多数いるでしょう。その意味で言えば殺人者です。戦争という特殊な状況下レイプ犯となってもおかしくないでしょう。親が殺人者、レイプ犯という言説はある意味で真実とも言えます。もっとも、そのようなことを政治の道具とするのもおかしな話ですが。
IMG57.jpg
IMG58.jpg

スポンサーサイト
  1. 2012/06/10(日) 21:35:37|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月10日暴力団排除条例(暴排条例)に関する啓蒙活動

 昨年10月、東京都と沖縄県で施行されたことで全都道府県で暴力団排除条例が施行されました。暴力団関係者に対して住居の提供などの便宜を図ることを禁止し、違反した場合はその関係者のみならず図った側も処罰の対象となる可能性があります。右翼民族派はこれを憲法違反であり、日本を警察国家化するものとして滋賀県で街宣活動を行います。
 暴力団を取り締まるのは当然ですが、「暴力団関係者」の基準が公安委員会の胸三寸というのが怖いところです。私を知っている右翼民族派の何人が「暴力団関係者」となるかわかりませんが、暴排条例問題研究会に名前を連ねる団体に司政会議(山口組弘道会系)日本皇民党(山口組系)など暴力団関係と目される団体が含まれていることが気になります。私も関係者と見なされ危害を受けるかもしれません。
 私は滋賀県に行きます。
  1. 2012/06/08(金) 00:04:30|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0