日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

2月22日島根県の定めた竹島の日

 1905年2月22日、竹島は島根県に編入されました。以来日本は国際法に則った日本の竹島領有権の根拠をこの日に求めています。一方、韓国はこの編入を韓国併合に先立った侵略であるとしています。2005年、島根県議会はこの日を竹島の日とすることを議決しました。もちろん韓国の人々は怒りました。対抗するように韓国では独島の月と対馬の日が定められました。
 松江市ではこの日竹島返還要求県民大会が行われます。右翼民族派の中にはこの日韓国大使館や韓国領事館に抗議活動をするものもあります。また「在特会」も19日と22日に活動します。
竹島は今の韓国の実効支配から帰ってきた方が良いのですが、竹島をめぐる問題は複雑です。どう判断してよいのか迷います。もっとも、竹島問題で民族罵倒を始めるのは最悪ですし、北海道のある教職員組合のように韓国の主張が正しいと一方的に指導するのも良くありません。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/18(土) 20:13:59|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建国記念の日(紀元節)

街宣車:全愛会議、國際反共聯盟など208台
 今年は例年より早く団体が参拝し予定より早く終わりました。公安や右翼民族派の間では私が富山に行ったことは知れ渡っているようです。とある右翼民族派に主張に必ずしも同意できないが筋は通っていると言われました。最近右翼民族派の主張があまり変わりばえせず、大して考える気力がわきません。

現地で写真送付を希望した方へ
写真の品質を確保するため送付には時間がかかるかもしれません。宛名は「日本革命連合本部」とさせていただきます。

IMG47.jpg
 
IMG48.jpg
  1. 2012/02/13(月) 23:30:54|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月11日建国記念の日(紀元節)

 紀元前660年2月11日、初代天皇である神武天皇が即位したとされています。1873年にこの日は紀元節とされ祝日とされました。戦後一時期廃止されますが、1966年に建国記念の日として復活しました。右翼民族派はこの日東京では奉祝集会をし、中部・近畿・中国の一部では右翼民族派が神武天皇とその皇后媛多々良五十鈴姫命が祠られている奈良県橿原市の橿原神宮に参拝します。他にも全国的に奉祝運動があるはずです。
 皇紀2672年、つまり神武天皇が即位してから2672年を迎え、天皇の先祖と崇められる神武天皇。右翼民族派は日本の歴史は皇室の歴史と一体であると考えているようですが、果たしてそうでしょうか?天皇神話の正体は一体何なのでしょうか?
 私は橿原神宮に行く予定です。
  1. 2012/02/10(金) 01:17:17|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北方領土の日

街宣車:國際反共聯盟、日本維新聯合など36台
 5日に豊中市のロシア総領事館に行ってきました。もはや毎年恒例になっているこの日の街宣は、年を追うごとに短く、台数も少なくなっているような気がします。演説も泥棒に物をとられたら黙っているのか等、情に訴えるものが多く、あまり内容もありません。
 大阪市内では暴力団排除条例に反対する街宣活動や脱原発デモも行われていました。脱原発デモには新右翼・統一戦線義勇軍の針谷大輔議長も参加しており、初めてお話ししました。この非常事態に右翼も左翼も関係ないという点には共感を持ちました。飲み会にもお誘いして下さったのですが、途中ではぐれてしまいました。

IMG45.jpg
ロシア総領事館周辺の様子

IMG46.jpg
脱原発デモの様子
  1. 2012/02/07(火) 22:48:09|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月7日北方領土の日

 1855年2月7日、日露和親条約が締結されました。そこで、日露の国境は択捉島とウルップ島の間とされました。1981年、時の鈴木善幸内閣はこの日を北方領土の日とすることを閣議決定しました。以来この日には北方領土返還要求国民大会が行われる他、北海道の自治体でも北方領土返還関係の行事が行われます。右翼民族派はこの日ロシア大使館やロシア領事館に抗議活動を行うと同時に、大日本愛国党などの団体はこの北方領土の日を「インチキ」として粉砕を主張しています。彼らの言う本当の北方領土の日は8月9日反ロシアデーです。
 北方領土は日本のものなのでしょうけれど、ロシアは北方領土への実効支配を強めています。一方でロシア国内ではメドヴェージェフ大統領やプーチン首相の強権的な国家運営に対する不満が高まっています。この中で野田佳彦内閣は何か逆転する策を弄せるのでしょうか?それとも黙って見ているだけなのでしょうか?
 私は5日、豊中のロシア総領事館に行きます。
  1. 2012/02/03(金) 23:31:35|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0