日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

民主党中井洽衆議院議員に対する抗議活動

街宣車:中京皇憂烈士同盟など72台
中井議員から民主党三重県支部へと攻撃の対象が拡大していました。もっとも、民主党全てが右翼民族派にとっては敵なのですが。
さらに中井議員が会見で皇太子「殿下」を皇太子「様」と呼んでいたことを「不敬」として攻撃していましたが、それを言いだせばほとんどのマスコミは不敬となります。後付けの印象が否めませんでした。
IMG23.jpg

IMG24.jpg
スポンサーサイト
  1. 2011/02/27(日) 21:21:05|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2月27日民主党中井洽衆議院議員に対する抗議活動

 昨年11月29日、国会開設120周年式典に際し、民主党の中井洽元国家公安委員長が秋篠宮夫妻に対し、「早く座れよ。誰も座れないじゃないか」と発言したと自民党・みんなの党が主張し、中井衆議院議員に対して懲罰動議が提出される騒ぎとなっています。これを右翼民族派や「保守派」は「不敬」であるとして攻撃しています。その中で中井議員は今も国会議員のままでいます。このため中井議員の地元である三重県伊賀市・名張市において再び抗議街宣が行われます。
 中井議員は言ってよいことと悪いことの区別のつかない人のようです。恐らくこれからも失点を重ねて次の衆議院総選挙では落選するのではないかと考えています。
私はこの日伊賀市まで行って来ます。
  1. 2011/02/24(木) 20:51:14|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

島根県の定めた竹島の日

街宣車:西日本獅子の会など42台
 22日に松江市に行って来ました。街宣活動の内容としては韓国への憎しみよりも民主党政権への怨嗟が中心でした。右翼民族派は自民党に多少の期待をしているように見えましたが、竹島返還式典において与野党の批判合戦が行われるようでは望み薄でしょう。
 また、在日特権を許さない市民の会(在特会)の活動はさらに内容の薄いものでした。イ・スンマン(李承晩)ラインに基づいて日本人が拿捕されたり死傷していることをとらえて、「韓国人出てこい」などと言っていましたが、日本漁船を拿捕したり日本人漁民を銃撃した当時の韓国政府関係者と日本に滞在している現在の韓国人と何の関係があるのでしょうか。また、デモの道すがら共産党の事務所があれば「共産党出てこい」、朝日新聞を取っている家があれば「朝日新聞の社長出てこい」と、まとまりがありませんでした。
IMG21.jpg
右翼民族派のデモ行進
IMG22.jpg
在特会のデモ行進
  1. 2011/02/23(水) 23:00:24|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月22日島根県の定めた竹島の日

 1905年2月22日、竹島は島根県に編入されました。以来日本は国際法に則った日本の竹島領有権の根拠をこの日に求めています。一方、韓国はこの編入を韓国併合に先立った侵略であるとしています。2005年、島根県議会はこの日を竹島の日とすることを議決しました。もちろん韓国の人々は怒りました。対抗するように韓国では独島の月と対馬の日が定められました。
 右翼民族派の中にはこの日韓国大使館や韓国領事館に抗議活動をするものもあります。また、去年威力業務妨害で遂に逮捕者を出した保守派市民団体(?)「在特会」も20日と22日に活動します。
 竹島は今の韓国の実効支配から帰ってきた方が良いのですが、竹島をめぐる問題は複雑です。どう判断してよいのか迷います。もっとも、竹島問題で民族罵倒を始めるのは最悪ですし、北海道のある教職員組合のように韓国の主張が正しいと一方的に指導するのも良くありません。
因みに私は直前の日曜日と当日余裕があれば松江市まで、余裕がなければ大阪の韓国領事館に行ってみます。
  1. 2011/02/15(火) 20:53:45|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

建国記念の日(紀元節)

街宣車:全愛会議、國際反共聨盟など168台
雪のせいか街宣車も今年は例年に比べて少なめでした(それでも駐車場内は混雑していましたが)。また今日橿原神宮に来なかった右翼民族派の中には尖閣諸島に渡った人もいるようです。なお、境内で維新政党新風が街宣活動を行っていましたが、境内でする意味は何なのでしょうか?
IMG19.jpg

IMG20.jpg
  1. 2011/02/11(金) 22:19:25|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月11日建国記念の日(紀元節)

 紀元前660年2月11日、初代天皇である神武天皇が即位したとされています。1873年にこの日は紀元節とされ祝日とされました。戦後一時期廃止されますが、1966年に建国記念の日として復活しました。右翼民族派はこの日東京では奉祝集会をし、中部・近畿・中国の一部では右翼民族派が神武天皇とその皇后媛多々良五十鈴姫命が祠られている奈良県橿原市の橿原神宮に参拝します。他にも全国的に奉祝運動があるはずです。
 皇紀2671年、つまり神武天皇が即位してから2671年を迎え、天皇の先祖と崇められる神武天皇。右翼民族派は日本の歴史は皇室の歴史と一体であると考えているようですが、果たしてそうでしょうか?天皇神話の正体は一体何なのでしょうか?
 ちなみに私は橿原神宮に行く予定です。
  1. 2011/02/09(水) 19:49:39|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北方領土の日

 街宣車:全國反共聨盟、國際反共聨盟、松藾維新聨合など37台(6日)
 6日に豊中市のロシア総領事館に行ってきました。
 想像していた通り、ロシアと共に、打つ手を何も持ちえなかった菅直人総理大臣を非難する内容の演説が目立ちました。そして、何団体かが警察のバリケードに突撃を試み、音量規制にかかり警察と押し問答となり、ロシア総領事館付近は怒号とシュプレヒコールの嵐となりました。
 戦後初となるロシア大統領の北方領土訪問は右翼民族派にとって衝撃であっただけでなく、その後の菅直人内閣の対応も「弱腰外交」そのものであったのでしょう。それに対する右翼民族派の怒りと苛立ちが現れたと思われます。北方領土の返る日はまだまだ遠い(遠ざかった)ようです。
 右翼民族派の人より左右を問わずもっと世界的な観点から記事を書いてほしいを言われました。そうあるようになるべく努力はするつもりです。
IMG17.jpg
抗議街宣の様子。
IMG18.jpg
抗議文読み上げの様子。
  1. 2011/02/07(月) 21:17:08|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月7日北方領土の日

 1855年2月7日、日露和親条約が締結されました。そこで、日露の国境は択捉島とウルップ島の間とされました。1981年、時の鈴木善幸内閣はこの日を北方領土の日とすることを閣議決定しました。以来この日には北方領土返還要求国民大会が行われる他、北海道の自治体でも北方領土返還関係の行事が行われます。右翼民族派はこの日ロシア大使館やロシア領事館に抗議活動を行うと同時に、大日本愛国党などの団体はこの北方領土の日を「インチキ」として粉砕を主張しています。彼らの言う本当の北方領土の日は8月9日反ロシアデーです。
 北方領土は日本のものなのでしょうけれど、菅直人政権が発足してから、メドヴェージェフ大統領の国後島訪問をはじめとするロシア閣僚の北方領土訪問、北方領土に駐留するロシア軍の強化など、ロシアは北方領土への実効支配を強めています。ロシア国内では民族紛争が激化しているそうですからむしろ対日強硬路線をとらなければ国家が分裂してしまうのでしょう。この機に菅直人内閣は何か逆転する策を弄せるのでしょうか?それとも黙って見ているだけなのでしょうか?
 私は前日の午前中、豊中のロシア領事館に行きます。
  1. 2011/02/01(火) 20:49:40|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0