日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

4月29日昭和の日

 1901年4月29日、昭和天皇が生まれました。1926年12月、大正天皇が亡くなり、昭和が始まりました。昭和の約63年間には不況、貧困、テロ、クーデター、戦争、破滅、再生、繁栄・・・この昭和という時代には近代のすべてが詰まっていると言っても過言ではないでしょう。1989年1月に昭和天皇が崩御し、平成になると、この日はみどりの日となりました。しかし2007年、祝日法改正によりこの日は昭和の日となりました。右翼民族派はこの日に啓蒙街宣や八王子の武蔵野御陵参拝を行います。また、反天皇制を唱える団体の活動も行われるため、これに対する抗議活動も行われます。
 昭和時代が終わってから30年近くが経ち、大学紛争やバブル景気までも歴史として語られるようになりました。しかし、過去が歴史のアーカイブに加えられようとも、私たちが生きている今につながっているのです。昭和天皇を含めた先人たちが残した物事を学び、現在そして未来に生かしていかなければなりません。
 私は八王子にある武蔵野御陵に行きます。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/23(日) 20:57:27|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月28日主権回復の日

 1952年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効し、日本は独立を回復しました。同時に、日米安全保障条約が発効し、日本にアメリカ軍が駐留し続けることになります。2013年、安倍晋三内閣はこの日を正式に「主権回復の日」とすることを決定しました。この日、左翼・右翼問わず様々な活動が行われます。
 トランプ大統領が就任して以来、世界に緊張が高まっています。シリアに軍事介入し、朝鮮半島にも介入を仄めかす発言を行っています。そのトランプ大統領の行動を諸手を挙げて歓迎し、朝鮮半島への軍事介入を期待する日本政府に国家主権の意識はあるのでしょうか。アメリカに盲従し、国民の生命・財産を危険にさらす自民党安倍政権は危険です。
  1. 2017/04/21(金) 21:38:12|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月22日島根県の定めた竹島の日

 1905年2月22日、竹島は島根県に編入されました。2005年、島根県議会はこの日を竹島の日とすることを議決しました。対抗するように韓国では独島の月と対馬の日が定められました。また毎年韓国より獨島死守全国連帯の活動家が島根県主催の竹島返還要求県民大会に抗議すべく来日します。
 右翼民族派の中にはこの日松江市内で街宣活動を繰り広げるものもいれば、韓国大使館や韓国総領事館に抗議活動をするものもあります。
 竹島の日も制定から12年が経ちます。竹島に慰安婦少女の像を建立する計画もあり日韓関係は再び悪化しています。慰安婦像建立は韓国政府に関係がないのですが、果たして日韓関係はここから好転するでしょうか。
  1. 2017/02/16(木) 22:24:51|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月11日建国記念の日(紀元節)

 紀元前660年2月11日、初代天皇である神武天皇が橿原宮で即位したとされています。1873年にこの日は紀元節とされ祝日とされました。同時に即位の年を元年とする皇紀も誕生しました。戦後一時期廃止されますが、1966年に建国記念の日として復活しました。神武天皇とその皇后媛多々良五十鈴姫命が祠られている奈良県橿原市の橿原神宮には全国各地から右翼民族派が集結し、参拝します。他にも全国的に奉祝活動があります。
 「日本は神の国」という言説が未だに罷り通っていますが、もはや天皇は現人神ではなく、保守派の妄想に過ぎなくなっています。その妄想により現実の皇室を苦しめることがあってはなりません。
 私は当日橿原市に行きます。
  1. 2017/02/09(木) 23:57:50|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月7日北方領土の日

 1855年2月7日、日露和親条約が締結されました。そこで、日露の国境は千島列島のうち択捉島とウルップ島の間に策定されました。その後日本は1875年の樺太千島交換条約、1905年のポーツマス条約により南樺太及び全千島列島を領土としますが1945年、太平洋戦争でそのすべてを失いました。1981年、時の鈴木善幸内閣はこの日を北方領土の日とすることを閣議決定し、以来この日には北方領土返還要求国民大会が行われる他、北海道の自治体でも北方領土返還関係の行事が行われます。右翼民族派はこの日ロシア大使館や総領事館に抗議活動を行うと同時に、この北方領土の日を「インチキ」として粉砕を主張します。彼らの言う本当の北方領土の日は8月9日反ロシアデーです。
 昨年末、日露首脳会談が行われ、3000億円規模の経済援助と北方領土内での共同経済活動を約束しました。プーチン大統領は北方領土はロシア領という認識を示していましたし、北方領土返還という目的からは後退したと言えます。右翼民族派も自民党安倍政権を信用しなくなり始めています。もはや自民党安倍政権は左右共同の敵と言えるのではないでしょうか。
  1. 2017/02/03(金) 00:41:27|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ