日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

9月29日反中共デー(反中国共産党デー)

 1972年9月29日、日中共同声明が調印され、日本と中華人民共和国との国交正常化が実現しました。同時に台湾(中華民国)と日本の国交は消滅しました。共産主義国家との国交樹立に反発する右翼民族派は、日中国交正常化30周年にあたる2002年から、この日を反中共デーとして日中国交断絶を目指し抗議活動をしてきました。札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の中国大使館及び中国総領事館周辺では右翼民族派による抗議デモや抗議街宣が予想されます。
 今年で日中国交正常化から45年目を迎えます。現在、北朝鮮のミサイル発射や核実験が東アジア情勢を緊迫させていますが、中国もこの問題の鍵を握っています。尖閣諸島をめぐる問題など日中には多くの問題を抱えていますが、連携すべきところは連携していかなければなりません。それは韓国の場合も同様です。
 私は当日諸事情のため行けません。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/22(金) 20:55:29|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月18日~20日全日本教職員組合教育の集い2017(全教全国教研、全教教研集会)

 右翼民族派が日教組と並んで教育荒廃の元凶としている全日本教職員組合(全教)の教育研究集会が今年は岡山市で行われます。
 日本の教師の労働環境は先進国の中でも最悪のものです。その労働環境を改善するために労働組合は訴えるわけです。にもかかわらず「聖職」という言葉で誤魔化すのは不誠実です。
 また、今年灘中学校の歴史教科書採択に際して自民党の盛山正仁衆議院議員らが圧力をかけた疑惑が明らかになりました。これこそ組合以上に教育の中立性・公平性を損なうものであり、許してはなりません。
 私は18日に岡山市に行きます。
  1. 2017/08/12(土) 23:33:19|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月15日終戦記念日

 1945年8月15日正午、玉音放送が流され、「大日本帝国臣民」は日本の敗北を知りました。この日は日本のみならず、アジアにとって大きな意味を持っています。戦後71年間、日本は日本国として戦後を謳歌しています。右翼民族派はこの日、靖国神社、及び各県護国神社を訪れるでしょう。伊賀上野では戦没者慰霊祭が行われます。靖国神社では反天皇制デモと右翼民族派との衝突が予想されます。
 今年は戦後72年と共に、日中戦争のきっかけとなる盧溝橋事件から80年の節目を迎えます。そこから日本は反省を忘れていやしませんでしょうか。国や民族を問わず全ての戦没者が安らかに眠れる日が来ることを願ってやみません。
  1. 2017/08/11(金) 21:47:57|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月9日反ロシアデー(反ロデー)、長崎原爆の日

 1945年8月8日、ソ連は日本に対して一方的に日ソ中立条約の破棄を通告し、翌9日に千島列島と満洲への攻撃を開始しました。ソ連は9月3日までに択捉島までを占領し、現在まで実効支配を続けています。1954年、大日本愛国党の赤尾敏総裁が8月9日を反ソ連デー(反ソデー)とすることを提唱しました。以来多くの右翼民族派が、この日を反ソデー、1991年にソ連が崩壊してからは反ロシアデー(反ロデー)として、北方領土返還を目指して毎年ロシア大使館やロシア領事館に抗議活動を行っています。また、根室市では慰霊活動を行っています。
 反ロデーも今年で64回目になります。しかし、北方領土は未だ返還されません。昨年末、日露首脳会談で何の成果もなく3000億円の経済援助をロシアに渡しただけの安倍晋三総理大臣への不満は日に日に広がっています。
 また、この日は長崎に原爆が投下された日でもあります。一部右翼民族派はアメリカからの謝罪を求めて活動を行います。アメリカ大統領がドナルド・トランプに代わり、アメリカの態度はどう変化するのでしょうか。
  1. 2017/08/03(木) 23:33:34|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月6日広島原爆の日

 暑中お見舞い申し上げます。
 太平洋戦争末期の1945年8月6日、広島に原爆が投下され、12万人もの犠牲者が出ました。8月5日に広島の右翼民族派団体が中心となって慰霊活動を行います。
 今年7月、122カ国が参加して核兵器禁止条約が調印されました。しかし、その会議の場に日本代表の姿はなく、主要核保有国も参加しませんでした。世界で唯一核攻撃を受けた日本が核兵器廃絶に向けて何のコミットもしないどころかアメリカの核の傘への依存を強めようとする日本政府の姿勢は糾さねばなりません。
 私は5日に広島に赴きます。
  1. 2017/07/31(月) 23:33:49|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ