日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

7月16日川崎ヘイトデモ

 日教組定期大会がなければ行っていたのですが、気になるので書いておきます。
デモを阻止したいというカウンターや川崎市民の想いは痛いほどわかります。私も可能ならばデモなどしてほしくないと思っています。それでもデモを許可しないという選択はないように感じます。それは日教組や全教の教研集会に抗議活動を行う右翼民族派の物言いです。申請者がヘイトスピーチをしないと明言している以上、それ以上言及すると事前検閲になりかねません。昨年、川崎市が公園使用を不許可にしたことがとても踏み込んだ対応なのです。
 警察の対応もカウンターの要望を受け入れつつ行動する保守の不満を躱す道を求めた結果でしょう。あれだけの大量動員も、警察に完全管理されたデモもまるで独島守護全国連帯や反天連の活動のようでした。昨年11月に反天連のデモで右翼民族派により参加者や車両に被害が出てから反天連のデモに対する警備が恐ろしく強化されたように、警察はバランスをとっているつもりなのです。神奈川県警察本部が直接指揮しているのならばなおさらです。
 行動する保守の面々へ
 少しは独島守護全国連帯の方々の気持ちがわかりましたか。活動が合法か違法かの違いはともかく、バスでカウンターのいない場所まで乗り付けて、デモをしたのかわからないところでカウンターに見つかったらバスの中に逃げ込んで退散など、独島守護全国連帯が松江でしていることとほぼ同じです。情けないと思いませんか。警察に何もかもお膳立てしてもらって行う日本浄化デモが何の浄化になるのですか。単に左翼や在日外国人に嫌がらせしたいだけならば、そのような活動に価値はありません。こちらの活動も一旦路上から撤退して、活動のコンセプトから手法に至る真に何をしたいのかを考え直した方がよいでしょう(考えた結果が今回の活動なら本当に悲しいです)。これまで繰り返してきたヘイトスピーチゆえに今後の活動が認められる日は遠いでしょうが、それを乗り越えて、人種差別から離れてほしいものです。
 警察が双方に対して思っているのは「俺たちのおかげで活動できてるんだろ?」ではないかと私は思います。人種差別を撲滅し、お互いを認め合える社会を作っていかなければなりません。
(画像は7月8日のものです)
IMG209.jpg
IMG210.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/07/17(月) 21:30:14|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

盧溝橋事件から80年

 1937年7月7日、日本軍と中国国民党軍が北京郊外の盧溝橋で武力衝突しました。盧溝橋事件から、大日本帝国は「東亜新秩序」の建設、「大東亜共栄圏」の盟主たらんとしてドイツやイタリアとともに全世界を戦争の渦に巻き込み、そして破滅しました。詳細はクロニクルをご参照ください。その盧溝橋事件から本日でちょうど80年になります。
 今、日本はいびつな形で「いつか来た道」を歩んでいます。国内では北朝鮮や中国の脅威を煽りながら集団的自衛権容認、安保法で対外的な武力行使に備えての法整備を進めている一方で、特定秘密保護法やテロ等準備罪で国内の統制を強化しています。80年前と違うのは、アメリカが事実上の宗主国として君臨していることでしょうか。
 何も言えない社会になってからでは遅いのです。日本が再び破滅の道をたどらないために、国民は政権与党の奴隷ではないと声をあげなければならないのです。
  1. 2017/07/07(金) 23:21:48|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連絡

 諸事情により活動拠点を関西から関東に変えます。
  1. 2017/03/22(水) 00:40:17|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日中日露日韓国交断絶国民大行進

 「行動する保守」によるデモ行進が神戸市で行われました。20人程度のデモ隊を200人以上のカウンターが追跡し、罵声を浴びせていました。今回は主催者が差別的な横断幕を片づけさせるなど、差別デモにならないように多少なりとも気を遣っているようでした。しかし、「行動する保守」たちは沖縄で起こった大阪府警機動隊員による「土人」「シナ人」発言の何が問題なのか理解できていないようでした。たとえ沖縄で反対派が機動隊員にどのような罵声を浴びせても、差別用語を発してよい理由にならないのです。
 私は「行動する保守」のほとんどの言動に反対ですし、カウンターに遭遇するなり聞くに堪えない差別言動をぶちまけるデモ参加者には活動の場から消えてほしいと思っています。しかし、曲がりなりにも三笠宮殿下に哀悼の意を示し、黙祷を捧げている時にカウンターが罵声を浴びせるのは残念に思いました。一方で哀悼の意を示すならそもそもデモ行進を自粛せよという主張は理解します。
 IMG182.jpgIMG183.jpg
 IMG184.jpg

 
  1. 2016/11/02(水) 00:22:34|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本の国体や伝統文化を汚す外国人の入国を徹底制限デモおよびそのカウンター

 本当はもう少し後に書く予定でしたが、色々考えることがあったので書いておきます。
 反中共デー事前活動の後、「行動する保守」によるデモが行われました。ヘイトスピーチ対策法が制定されてから、、「行動する保守」とカウンターの距離が接近しています。そのため集合からデモ行進、解散に至るまで怒号と挑発の応酬および小競り合いが頻発し、警察関係者の語った「今日は荒れる」の言葉通りとなりました。
 この荒れた事態をを見て、私は警察権力がこうした潰し合いを意図的に演出しているのではないかと思えました。双方ともに先鋭化し、疲弊したところを反社会勢力として弾圧する、そのようなシナリオを誰より望んでいるのは「行動する保守」もカウンターも監視対象として予算確保や利権拡大に利用したい警察や公安ではないでしょうか。そして大弾圧の後に笑うのは自民党安倍政権です。
 「行動する保守」もカウンターもお互いに相手との心中はしたくないはずです。カウンターは冷静になるべきですし、「行動する保守」はいったん路上から撤退して、本当に何をしたいのか考え直すべきです。無論あらゆる差別をしてはならないことが大前提です。「行動する保守」の言動に腸が煮えくり返るのは理解できますが、わざわざカウンターから不必要な暴力沙汰を煽る必要はありません。「行動する保守」は真に何を訴えたいのか真剣に考え直し、それを伝えられる言葉を紡ぎだしましょう。民族や性別など、能動的に変えられない属性を持つ他者を排除することしか訴えることがないならば、それに基づく運動など価値がありません。そしてカウンターに脊髄反射で「朝鮮人」だのと怒鳴り始める差別感情が抑制できない方は何が差別で、何が差別でないか理解するまで運動に来ない方がよろしいでしょう。
 海外ではレイシストとカウンターの刃傷沙汰も起きています。警察権力はそうした事態を弾圧の口実にするために待っています。あらゆる差別が認められない世界が形成されつつある中、今後の動向から目が離せません。
IMG177.jpg
IMG178.jpg
  1. 2016/09/28(水) 00:39:16|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ