FC2ブログ

日本革命連合ブログ出張所

右翼民族派の街宣活動予定や街宣活動速報、その他雑記などを書いていく予定です。

2月22日島根県の定めた竹島の日

 1905年2月22日、竹島は島根県に編入されました。2005年、島根県議会はこの日を竹島の日とすることを議決しましたが、対抗するように韓国では独島の月と対馬の日が定められました。また毎年韓国より獨島守護全国連帯の活動家が島根県主催の竹島返還要求県民大会に抗議すべく来日します。
 右翼民族派の中にはこの日松江市内で街宣活動を繰り広げるものもいれば、韓国大使館や韓国総領事館に抗議活動をするものもあります。
 昨年の徴用工判決や自衛隊機に対するレーダー照射事件、最近では韓国国会議長が天皇に戦争犯罪について謝罪を要求するなど、対立が深まっています。韓国の主張に大いに疑問を感じざるを得ない部分が多くありますが、戦争を回避し、平和と友好を保つ努力を怠ってはいけません。
スポンサーサイト
  1. 2019/02/17(日) 00:16:02|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建国記念の日(紀元節)

 街宣車:全愛会議、國際反共聯盟など156台
 平成最後の建国記念日に何人か懐かしい方々に会うことができました。しかし年を追うごとに街宣車が減っており、参拝する時間もどんどん早くなっています。
 境内では日本会議の他、日本第一党も街宣をしていました。境内では街宣禁止になっているはずですが、共産党などが同じように街宣してもよいのでしょうか?是非ともやってみて欲しいです。
IMG263.jpg
IMG264.jpg
  1. 2019/02/11(月) 20:45:51|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月11日建国記念の日(紀元節)

 紀元前660年2月11日、初代天皇である神武天皇が橿原宮で即位したとされています。1873年にこの日は紀元節とされ祝日とされました。同時に即位の年を元年とする皇紀も誕生しました。戦後一時期廃止されますが、1966年に建国記念の日として復活しました。東京では建国祭が行われる他、神武天皇とその皇后媛多々良五十鈴姫命が祠られている奈良県橿原市の橿原神宮には全国各地から右翼民族派が集結し、参拝します。他にも全国的に奉祝活動があります。
 建国祭を提案したのは、左翼から転向したばかりで、戦後大日本愛国党を結成することになる赤尾敏とされています。この祝日は元来このような思想と密接につながっているものです。建国を祝う陰で、天皇あるいは国体の名の下に弾圧を受けた者たちがいたことを忘れてはなりません。
  1. 2019/02/10(日) 00:03:26|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北方領土の日

 街宣車:草莽崛起の会など17台(3日)
 ロシア大使館の周辺での抗議活動は相変わら続いています。なぜか日本から提案しているはずの二島先行返還もロシアが提案したことになっていました。
 日露首脳会談会談の結果を受けたのか、北方領土返還要求国民大会の声明では北方領土の「不法占拠」の文言が盛り込まれませんでした。韓国には居丈高に振る舞う一方、ロシアには適当にいなされる日本政府の姿勢には失笑を禁じ得ません。日露友好は否定しませんし、今日が北方領土の日である意味もそこにあるのです。しかし、今までの日本政府の立場は何だったのでしょうか。「島を返せ」の叫びは虚勢だったのでしょうか。
 右翼民族派も戦後半世紀以上にわたって北方領土問題に取り組んで来たわけですが、ずっと反対し続けてきた領土返還なしの平和条約締結すら現実味を帯び始めています。かつての島民も次々と鬼籍に入っている今、運動のモチベーションが何なのか、単なる惰性での運動になっていないか、右翼民族派もそれ以外の国民も考えてみる必要があります。
 少なくともロシアやアメリカに何も言えず、中国や韓国、北朝鮮にはヘイトスピーチ混じりで居丈高に攻撃するような運動は止めるべきです。
IMG261.jpg
IMG262.jpg
  1. 2019/02/07(木) 23:38:13|
  2. 街宣活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月7日北方領土の日

 1855年2月7日、日露和親条約が締結されました。そこで、日露の国境は千島列島のうち択捉島とウルップ島の間に策定されました。その後日本は1875年の樺太千島交換条約、1905年のポーツマス条約により南樺太及び全千島列島を領土としますが1945年、太平洋戦争でそのすべてを失いました。1981年、時の鈴木善幸内閣はこの日を北方領土の日とすることを閣議決定し、以来この日には北方領土返還要求国民大会が行われる他、北海道の自治体でも北方領土返還関係の行事が行われます。右翼民族派はこの日ロシア大使館や総領事館に抗議活動を行うと同時に、この北方領土の日を「インチキ」として粉砕を主張します。彼らの言う本当の北方領土の日は8月9日反ロシアデーです。
 先月、25回目の日露首脳会談が行われましたが、北方領土の返還についてはほとんど何の進展もないまま終わってしまいました。それどころかプーチン大統領から前提条件なしの平和条約の締結まで持ちかけられる始末です。戦後右翼運動の原点とも言える北方領土問題が右翼民族派の完全敗北で幕引きされる可能性すら出てきました。このような状況をむしろ共産党が「売国」と言って批判しているのです。これまで二島先行返還すらあり得ないと主張してきた右翼民族派はこの結果に納得できるのでしょうか。
  1. 2019/02/03(日) 20:18:19|
  2. 街宣活動予報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ